首イボって20代でもできるの?

首にできるイボは30~40代で発症することが多いですが、20代でも体質によってはできることがあります。
首イボはポツポツとしており、大きさが2~3mmある多発性のイボです。
この大きさのものはスキンタッグというのが正式名称です。
1mmほどの大きさだと軟性線維腫、これが大きくなって肌から取れ下がった形状のものが懸垂性線維腫と呼ばれます。
首にできているものは良性腫瘍なので心配ありませんが、目立ってしまうのが欠点です。
良性腫瘍が20代の若年層で、発症してしまう原因として多いのが、アクセサリーや衣服の摩擦です。
何度も擦れて刺激を受けているうちに、皮膚が腫瘍化してしまうことで首イボができます。

20代でも体質によってはできてしまうので、普段から摩擦が少ない生活を送るようにしましょう。
皮膚科で切除する治療方法もありますが、自分で治したい場合は、市販薬や杏仁オイルを使う方法もあります。
ただし、市販薬を使う場合、サリチル酸が含まれている薬剤を首には使う事は出来ません。
自己判断で治療薬を使うと悪化してしまうこともあるので、注意書きはよく読みましょう。
また、普段からターンオーバーを整えるような生活を心がけることも大切です。

0001

首のイボが痒いのはどうして?

首のイボは、肌の老化や紫外線、摩擦などが原因ですが、首は皮膚が薄く、刺激を受けやすいため、乾燥しやすく痒くなる場合があります。
そのため、一般的なイボの場合には紫外線を避け、保湿を心掛けることで痒みを防ぐことが出来ます。
このようなことに注意しても、痒みが治まらない場合は、内臓疾患から発症するデルマドロームと呼ばれるイボの可能性もあるため、医療機関を受診する必要あります。
痒みが悪化したり、イボが増加している場合、血流の僅かな異常が起きていることを示しています。

内臓に何らかの異常が現れていないか、早急に医師の診断を受け、痒みを伴うイボの原因を解明することが大切です。
内臓疾患のから発症するデルマドロームは、痒みの他にも、痛みや色の変化、急激な増加などの特徴があります。
首のイボが痒い場合には、そのほかの異変にも注意しましょう。
決して自己判断せずに、まずは医療機関で診てもらうことが重要です。

0002

痛いイボの種類は?

首周りのイボは見た目にも嫌なものですが、痛みを伴う場合は更に厄介なものです。
首の周りは、紫外線の影響を受けやすく皮膚が敏感になります。
敏感になった皮膚に、摩擦やアクセサリーの刺激で痛みが起こる場合があります。
首のイボは、大きく分けて3種類があります。

一つ目はふくらみがなく、ほくろやシミ、そばかすのように見えるものです。
これは「アクロコルドン」と言い、これに痛みはありません。
一方、痛みがあるのは「スキンダック」と「軟性繊維腫」です。
スキンダックは皮膚からプチッと完全に飛び出しており、近くで見るとひょろ長い肉の粒が飛び出したようにように見えます。
これが衣服にあたると痛みます。

さらに、軟性繊維腫はスキンダックより直径や高さがもっと大きいイボで、直径5㎜以上あるものをいいます。
これらは、痛くても良性なので心配はありませんが、摩擦が加わるたびに痛み、同時に大きく成長してしまいます。
見た目にも目立つため除去したいと悩むことになります。
除去の治療法としては保険が適用できる液体窒素を用いた「冷凍療法」や「レーザー療法」が用いられます。

0003

首にできた小さいイボの対処法は?

ある日突然首に出来てしまった小さいイボは、特に痛みがなくても気になります。
その上、気づくと数も増加してしまうこともあり、不安になります。
この首に出来た小さいポツポツとしたイボは、老人性角化症の一種であるアクロコルドンと言われるものです。
首やワキ、背中やデコルテなどの、擦れやすく乾燥しやすい部分に出来やすいイボです。

発生原因は、加齢や紫外線の影響が関係していると言われており、ターンオーバーの乱れや乾燥も悪化させる要因になります。
良性なので、放っおいても害はありませんが、見た目を気にして取りたいと思う人も多い事でしょう。
皮膚科では、ハサミで除去する方法が最も早くおすすめですが、数が多くなったり多少大きめのタイプは、炭酸ガスのレーザーや液体窒素の治療になります。
治療法については、医療機関の医師と相談すると良いでしょう。
病院を利用するのに抵抗がある場合は、市販されている首イボ対策クリームや杏仁オイル等も利用出来ます。
小さいイボなら段々と目立たなくなります。

0004

首イボ対策クリームの参考情報

このページでも少し書いていますが、首イボ対策クリームというものがあります。
ただ、調べてみると、首イボ対策クリームというのは数多くあるので、どれにしたら良いのか決めきれないというのがあるかもしれません。

まずは、首のイボについて、もう少し調べてみる必要があるかもしれません。
さらに詳しく知りたいなら、そういう場合は、こちらを訪問してみると良いかもしれません。
参考サイト:取れそうな首イボはどうするべき?
あなたのほしい情報がのっていると思います。